フロントガラスに傷がつく原因

フロントガラスは、自動車を運転する上でとても重要な役割を担っています。
風雨を凌ぐ壁となってくれることは当たり前ですが、それ以上に重要なフロントガラスが持つ役割がクリアーな視界維持確保です。

フロントガラスに傷やヒビが入ってしまうと、どんなに小さなものでも妙に気になるものです。
その傷やヒビが入る原因は、主に飛び石になります。
前を走行する自動車の跳ね上げた小石、高速走行中に多いトラブルです。
駐停車していても、横切る自動車からの飛び石はありますので侮れません。

また、高速走行中の羽虫というのも傷やヒビが入る原因となりうる要素です。
夜間に山道や高速道路を軽快に走行していると、ヘッドライトに大小を問わずに羽虫が寄ってきます。
時にはカブトムシ大のものが突撃してくることさえあります。
油断できないトラブルを引き起こす要素です。

フロントガラスの傷の放置は致命的

フロントガラスが傷ついてしまっても、大きなものでない限り自走を続けることは可能です。
しかし、ちょっとした衝撃でクモの巣状のヒビがフロントガラス全体に広がってしまう可能性があるので、どんなに小さな傷であっても放置することはオススメ致しません。

フロントガラスに深さ1mmにも満たない本当に小さな傷が入ったとしましょう。常識的に考えればとても小さな傷です。
しかし、ガラスにとっては大ダメージで、走行不能となる状態を生み出してしまうほどのものなのです。

傷や小さなヒビがあるからといって、即大惨事となってしまうわけではありません。
だからこそ侮ってしまうし、修理を先延ばしにして大惨事に見舞われた時には後悔しても時既に遅し。
絶対に侮らないようにしましょう。

応急処置方法

フロントガラスに傷やヒビが入ってしまったら、そのまま放置するのではなくとりあえずの応急処置をしておきましょう。

ビニールテープや養生テープのような剥がしやすいもので構いません。傷やヒビが広がらないように保護しておきましょう。
薄く剥がれづらいのでセロファンテープでも構いませんが、その後の修理をする際に剥がせない場合もあるのであまりオススメは致しません。

透過率の悪いテープは視界の妨げになるかもしれませんが、フロントガラス全体のダメージなるかもしれないことを考えると、多少の不便には目を瞑りましょう。

修理費用の比較

フロントガラスを修理する場合、あなたにある選択肢として、自動車ディーラーでの修理、修理工場による修理、あなた自身での修理の3つが用意されています。

まずは、自動車ディーラーでの修理です。
自動車ディーラーでは、フロントガラスのダメージに対して補修という方法はあまりとりません。
基本は交換修理です。
その価格は4万〜10万円程度の割高なものになります。
社外品の安いフロントガラスを使用することはありません。
メーカーロゴの入った純正品での交換となるため、価格帯も高く保証もされます。

次に、修理工場による修理ですが、こちらは数千〜5万円程度までの補修、交換修理が可能です。
傷やヒビを補修することで、それ以上の被害を拡大させないようにする方法と、社外品のフロントガラスを使用して割安に交換修理を済ませる方法、純正品を使用して低価格の作業工賃で交換修理をする方法を選ぶことができます。
補修の場合、フロントガラス本来の強度までは戻すことができません。
クリアな視界を取り戻すだけだということを理解しておきましょう。

最後に、あなた自身でDIY修理した場合です。
ガラス補修キットは1000円前後でホームセンターなどでも販売されています。
使い方を間違えなければ、格安でクリアな視界を取り戻すことができるでしょう。
交換修理の場合は、品質の高いフロントガラスを手に入れられるかが鍵になります。
また、確実なシールができるか、上下左右で同じ高さに設置できるかという技術的な面でも難易度が高いです。
フロントガラス自体は1万〜5万円程度で手に入れることができます。

修理工場で修理するメリット

修理工場は、自動車を修理することで利益を上げているので、修理後の保証という面でメリットがあります。
ただし、工場推奨の作業方法であればの話です。
依頼者であるあなたが条件を出せば出すほど、確実な作業に妥協せざるを得ない状況が発生してしまうので、依頼を受ける際に今後起き得るトラブルの説明とともに保証は致しかねることも伝えられるはずです。

自動車ディーラーと違い、修理工場は後ろ盾がありません。
そのため、作業としては常に完璧を追求する傾向があります。
「ここで修理したら間違いない。」などの口コミがブランド化していくのですが、逆に「ここはダメだね。」などの不評がある修理工場であれば、誰しも依頼したくないのは当然ですよね。
自らの技術を高めていくことは、どんな修理従事者にも求められるところですが、修理工場はその修理の腕が全てのシビアな世界で生きているのです。

修理工場で修理する最大のメリットは、妥協のない最高の修理を低価格で依頼することができることでしょう。

自分で修理する場合の修理方法

あなた自身がフロントガラスを修理する場合、最初の前処理によって出来上がりに差が生まれます。

水で洗い流す、綺麗に水滴を拭き上げる、ゴミを除去する。
ガラス補修剤の説明文によくある前処理の方法ですが、できれば現状以上にダメージを与えたくありません。
施工部分周辺は軽く濡れ拭きと乾拭き、傷にはエアーブローと粘土による破片除去が相応しいでしょう。

ガラス補修剤はUVレジンと呼ばれる紫外線硬化型の樹脂です。
付属のインジェクターで傷の空気を抜き、流し込んだレジンとガラスの間に空気が入らないようにします。
ゆっくりと流し込んだ後、付属のシートでレジンへのゴミの付着を防ぎ、硬化したらスクレーパーでフラットに整えて完了になります。
ヒビの場合、個人レベルでなくても補修はオススメできません。
外傷である傷であれば、表面処理をすることで補修することができますが、ヒビというのは3層構造のフロントガラスの内側の傷になるからです。

ヒビが入ってしまった層まで削り込んでしまうと、100%要交換な深さの傷となってしまいます。
もし修理したい場合は、ヒビ入りガラスは交換修理と理解しておきましょう。

フロントガラスの交換修理自体は決して難しい作業ではありません。
ガラスを固定しているコーキング剤を剥がし、ガラスを外し、綺麗に清掃した後新たなコーキング剤でガラスを固定する。
たったこれだけなのですが、この作業は決して1人でやらないようにしましょう。
取り外す作業から新たなコーキング剤を入れるまでは、頑張れば1人でも可能です。
しかし、ガラスの設置は上下左右が平行でなければなりません。
また、1発勝負になるため確実な作業をするためにも1人での設置作業はやめておきましょう。
もし設置を失敗した場合、再度コーキング剤を入れなければ浸水する恐れがあります。

設置できたら更にコーキング剤やモールにて挟み込み作業終了です。
この交換修理には時間がかかりますので、焦らずじっくりと確実な作業を心掛けましょう。

ガラスを交換しなければいけない場合

先ほども触れましたが、ヒビが入った場合は交換した方が安心です。
しかし、傷の場合も補修では間に合わない深さと大きさというものが存在します。

深さは3層構造の表層が限度です。中層膜に達してしまった時点で交換は必至です。
中層膜に達してしまった場合、傷周辺に空気が入り込んだように見えるのでよく見てみましょう。
大きさは500円玉大が限度ラインとなり、およそ2.5cmほどになります。
それを超えてしまった傷は、局所的な強度不足により再利用は不可となります。

ガラスを交換する場合の費用

自動車ディーラーでガラス交換をする場合、4万〜10万円が純正パーツ価格の相場になります。
そこに作業工賃が加わるため、15万円程度を予定しておく必要があるでしょう。

修理工場は1万〜5万円程度のパーツ価格に作業工賃で10万円程度を予定しておけば間違いないでしょう。

あなた自身での交換修理の場合、パーツ価格のみで交換は行えます。
安価なガラスから純正品まであなたのチョイス次第です。
取り外したガラスの廃棄は、各自治体の産廃を利用することになります。

フロントガラスのヒビで車検が通るか

実はフロントガラスには保安基準というものが存在します。
自動車保安基準 第29条 第195条 共に窓ガラスに関する条例です。
簡略的にご紹介しますと以下のような内容になります。

  1. クリアな視界を確保することができ、尚且つ簡単には破損したり穴が空かない強度を持ったアイテムを使用すること。
  2. 歪みのないものであり、透過率の高いアイテムを使用すること。
  3. フィルムアンテナや車検標章など以外のものを取り付けてはならない。
  4. たとえ損傷したとしても、ドライバーの視界を妨げないアイテムを使用すること。
  5. 車内には運転に必要なアイテム(ルームミラーやドライブレコーダーなどのレーダーカメラ)以外の貼り付けをしてはならない。

この中で大切な項目となるのが、クリアな視界を確保することができ、尚且つ簡単には破損したり穴が空かない強度を持ったアイテムを使用することと、歪みのないものであり、透過率の高いアイテムを使用することの2つを指している条文です。
共通しているのは、見やすくて壊れづらいという意味合いで、細かく見ていけば強度数値や透過率数値の条件が指定されています。

さて、これらに適合したフロントガラスであることを前提として、小さな傷やヒビがフロントガラスにあった場合車検の通過はできないものなのでしょうか。
車検の通過基準は、自動車保安基準を遵守している状態であることが最前提になります。

つまり、たとえ傷やヒビがあるフロントガラスであっても、ドライバーの視界を妨げるものではなく、且つ乗員に対しても危険の及ばないレベルでの傷やヒビであれば車検の通過はできるということになります。
傷やヒビが入っていても車検を通過することは可能ですが、決して安全性の高い状態であるとはいえません。
修理可能であれば早い段階において修理をすべきなのは変わりません。

車検というのは2年間の安全性を保証する制度ではなく、現段階において自動車保安基準に適合しているかどうかの検査です。
安全で確実な視界の確保のためにも、フロントガラスの傷やヒビは早めに処置しておくことをオススメ致します。

前へ

日本最大級のクラシックモーターショー Nostalgic 2days atパシフィコ横浜

次へ

苗場スキー場でゲレンデタクシーを体験!SUBARU SNOW FES IN NAEBA