先ずは傷の度合いをチェック

大切な自動車で事故を起こしてしまい、修理をしようか買い換えてしまおうかと悩むほどの事故状況の場合、今後の身の振り方を考えなければいけません。
長い自動車との時間の中で、誰にでも一度は起こりうる場面です。
どこがどの程度壊れていて、今後の対応の方向性を決定するためにも、先ずは傷の度合いをチェックする必要があります。

事故といっても、ちょっとした補修やパーツ交換で修理ができる場合であれば直してしまい乗り続けられますし、その方がコストを抑えることができます。

修理箇所が広過ぎたり、事故の度合いが大きい場合は悩みどころです。
ある程度のレベルで修理しただけでは、乗り続けるにしても買い換えるにしてもマイナス要素となってしまいますし、かといってしっかり修理するにはコスト的な痛手です。

パーツ単位で見て、どれだけのパーツにダメージが入っているかを見ていきましょう。

例えば自動車前方の事故の場合、ダメージが入りやすいパーツというと、バンパー・フェンダー・ヘッドライトユニット・フォグランプ・ラジエーター・エアコンコンデンサー辺りが分かりやすいところです。
これ以上のパーツにダメージが渡っている場合は、修理工場に修理か買い替えをするべきかを相談する方が良いでしょう。
仮にあなた自身でパーツを買い揃えて付替えをしようと試みたとしても、フレームや取り付け部のダメージによっては素直に付け替えができない場合があります。
フレーム修正は機材がなければ難しい作業ですし、取り付け部の板金も寸法表がなければ正しい取り付け位置が出てきませんし、無理矢理取り付けてしまうと周りのパーツとの干渉で傷つけてしまう場合もありますので気をつけましょう。

事故車扱いになる傷とそうでない傷

事故を起こしたとしても、記録上事故車として扱われないものがあることをあなたは知っているでしょうか。

細かく見ていくと分かりづらいのですが、基本的には簡易取り付けパーツの交換は事故車扱いとならないというのが根底にあります。
簡易取り付けパーツとは、ねじ止めやクリップ止めによる容易に取り外し可能なパーツのことです。
これらは、たとえ破損してしまったとしてもパーツ交換で無傷の状態に戻すことができます。
つまり、修復ではなく付け替えなのです。
走行に支障をきたすようなダメージではないので、これは事故車扱いをされません。

ボンネットやドアパネルのような簡易取り付けパーツは、取り付けているネジに塗装がされています。
塗装されたネジを取り外す場合は事故車扱いになります。
交換の際にボルトを同じように塗装し直したとしても、基本的には事故車です。
ただし、その交換を明記するような情報がなかった場合、公的に事故車として認められない場合もままあります。

廃車にする基準ってあるの?

ハッキリいってしまえば、しっかりとメンテナンスさえ繰り返していけばいつまでも乗り続けることができるのが自動車です。
エンジンが焼き付こうが、トランスミッションが砕けようが、違うものに乗せ変えてしまえばまた走り出すことができます。

しかし、事故をしてしまった自動車はそうはいきません。
特に、フレームへのダメージが大きなものは再生すること自体が難しくなります。

修理できないわけではありませんが、コスト的に割りに合わない、直したとしてもその後乗り続けることに不安を感じてしまったり、そんな風に感じた時が手放すタイミングです。

そして、実際に廃車にするかどうかは自動車業者の判断するところで、修理して販売した場合とパーツで切り分けて販売してしまう場合とを比較して、修理販売の方が採算が取れない場合に廃車の判断が下されます。

あなた自身で廃車手続きをしようと思った場合は、一時抹消手続きか永久抹消手続きで廃車にするようになります。
一時抹消とは、単純に車検登録を排除させ自動車自体は手元に残す手続きになります。
永久末梢とは、自動車を解体処理する際に自動車の存在自体をなくす手続きになります。
これは、基本的には自動車解体業者の受け持つところであり、個人が勝手に手続きすることができるものではありません。
もし、あなた自身が自動車の解体依頼をした場合、陸運局に永久抹消手続きをしに行くことを業者の方に伝えれば、解体料金をコストダウンできます。
前後のナンバープレートと封緘を持参で手続きをしに向かいましょう。

事故車(修復歴車)の定義についての判断基準

自動車が事故車(修復歴車)として認定されてしまうのは、主に金属パーツの破損や修復を行った時点からになります。
プラスティックパーツが傷ついたからといって、それだけでは事故車(修復歴車)としては分類されないのです。

なぜなら、プラスティックパーツは簡易取り付けパーツという脱着が比較的簡単なパーツだからです。
ボルト止めであったりクリップ止めで取り付けられているパーツは、衝突事故などで破損した場合アッセンブリ交換対応ですべての傷をなかったものにすることができます。
これらをパテ埋め板金などで補修修理してしまった場合は、事故車(修復歴車)として扱われてしまいます。
たとえプラスティックパーツでも、補修修理したあとが見えるものはいけません。

新品パーツで交換して、補修修理せずに自動車をリフレッシュさせた場合のみ事故歴が残りません。

この法則で行けば、ドアパネル ボンネット フェンダーなども事故歴が残らないということになるのですが、取り付けボルトが塗装されているパーツはこの法則に当てはまりません。

この中であれば、フェンダーは唯一新品パーツとアッセンブリ交換することで事故歴が残らない金属パーツということになります。

また、サスペンションなどの交換は事故歴が残りません。
走行装置のカスタムなどで事故歴や修復歴が残るものは滅多に存在しません。

ただし、それら走行装置に付随する取り付けメンバーなどに加工が必要となった場合は、たとえ衝突事故などを起こしていなかったとしても修復歴として認定されてしまうので注意しておきましょう。

車内のトラブルでも事故車(修復歴車)として取り扱われてしまう場合があります。

エアバックが作動したらそれはもう事故車扱い

1番多いのはエアバッグシグナルの作動してしまった場合です。
これは、自動車に搭載されているコンピューターに履歴が残ってしまうトラブルです。
エアバッグシグナルが作動すると、最も困る問題にシートベルトがロックされるというものがあります。
たとえエアバッグが開いていなかったとしても、何かの弾みでショックセンサーが起動してしまいエアバッグシグナルが誤作動してしまうことがあるのです。

シートベルトのロック自体は、ヒューズボックスからエアバッグへの電気ラインをカットしてしばらくすれば解除することができるので、どこの自動車修理工場でも解除することは可能です。
しかし、エアバッグシグナルの履歴は削除することができないため、無事故車としてオークション出品などができなくなってしまうのです。

事実、これまでに一切の事故歴がなかったとしても、このエアバッグシグナルの履歴一つで無事故車が事故車(修復歴車)として取り扱われてしまう場合がありますので、もしエアバッグシグナルの点灯に気付いた場合は、いち早く自動車ディーラーにてエアバッグシグナルの作動履歴自体の削除を依頼しましょう。

自動車ディーラーには、コンピューターの中の履歴を削除するための特殊な電子装置が常備されています。
その装置を介してでなければ、各種誤作動の履歴を消すことができません。

コンピューターの履歴が残っている自動車は、実際に衝突事故を起こしているかいないかに関わらず事故車(修復歴車)として扱われるということを忘れないでください。

前へ

そのバンパーの傷の修理費用はいくら?見積りの相場と修理方法

次へ

車のエアコンが効かない!暖房の効き目がなくなる原因と修理費用