寒い朝はフロントガラスが凍結!?対処方法

フロントガラスの凍結は冬の難敵です。
寒い中で冷たい濡れタオルなどでこすり落とそうとしても、水分が残っていれば矢継ぎ早に凍り始めてしまいますし、より薄い氷が張ってしまいイライラしてしまいます。

少しでも早く凍結を解消したければ、流水で溶かしつつハンドワイパーで水分を払うと意外にも早く解消できます。
この際、お湯をかけてしまうとフロントガラスに傷やヒビがあると下手をすると割れてしまいますので注意しましょう。
水道の水は冷たいですが、凍結を解消するには充分な温度があります。
温度差が大きくなると、フロントガラスにダメージを与えてしまうのでできるだけ水道水を使用するようにしましょう。

スクレーパーで氷を掻き落とすのも単純で素早く凍結を解消できます。
金属製は絶対にやめてください。
プラスティック製、ゴム製の物を使用し、フロントガラスに傷がつかないように一方向に掻き落としましょう。

これらの作業をする際には、エンジンを動かしフロントガラスに向け温風を当てながら作業すると手早く解消することにつながります。

そもそも、フロントガラスが凍結しなければこれらの作業はしなくて済むのですが、その方法をご存知でしょうか。

予防は新聞紙での吹上でもOK!

意外なことに、フロントガラスの凍結を防ぐには油膜が効果を発揮してくれます。
水分よりも油分の方が氷づらいからです。

昔から使われている方法ですが、新聞紙の油分は効果的です。
濡らした新聞紙でフロントガラスを拭き上げるだけで凍結を防ぐことができます。
しかし、ギラついて嫌だというドライバーもいますので、自己責任の元で作業しましょう。

では、最も効果的な方法はどういったものでしょうか?

前へ

えっ、今!?急にくるバッテリー上りの原因と予防、交換の目安について

次へ

傷ついたバンパーは自分で修理・補修ができるのか?