できることならば、自動車の補修修理にはコストをかけたくないと考えるものです。
ちょっとした傷の補修から、大掛かりな補修修理、中古パーツを使い回したり、新品パーツの取り寄せ方。
何の情報もない状態では手の付けようがありません。

小さな傷はコンパウンドで

まずは、ちょっとした傷の補修の仕方から見ていきましょう。
とても小さな傷の集まりの溜り場といえばドアノブの窪みです。
どんなに気を付けていても、日常生活の中で手の爪が引っ掻いてしまい細かな傷が無数についてしまいます。
ボディー全体を見ても同じような傷はたくさん見つけられます。
これらは、塗装面の表面にあるクリアー層についた傷になりますので、ボディーカラーに対応したコンパウンドによって消し去ってしまいましょう。
傷のついた箇所を局所的に擦り続けてしまうと、その部分のクリアー層のみが凹んでしまいカラー塗装まで侵食してしまう可能性があります。
できるだけ大きく広い範囲にコンパウンドによる研磨を施すようにしましょう。

バンパーの擦り傷などの場合、意外と割れや抉れなどになっていない場合があります。
このような場合、擦り傷以上に衝突した対象物の塗料が張り付いてしまっている事が多くあります。
このような場合もコンパウンドの出番です。
バンパーのカーブに合わせて研磨していくのがコツです。
そのため、タオルのような薄いものではなく、スポンジバフを使用することが綺麗に傷取りをするポイントです。

大がかりな補修の場合

次に、大掛かりな補修修理の方法です。
金属パーツの補修には吸盤が重宝します。
凹んでしまっている場合は、密着力の強い吸盤で引き起こすことで大まかな形状に戻すことができます。
完璧な形状にまで戻すことは難しいですが、凹んだままの現状を脱することはできます。

きれいな補修にはパテ盛りが必須

より綺麗に補修修理したい場合はパテ盛りする必要があります。
パテとハードナーの2剤式のものが多いので、規定量に従って混合しましょう。
厚盛りするほど内部の硬化が遅れますので、何度かに分けて盛り上げることをオススメ致します。
プラスティックパーツでも金属パーツでも、パテ盛りで形状を戻していくことは決して難しくありません。

パテの食いつきを良くするために、施工面にサンドペーパーを当てて荒らしておきましょう。
あまりにもパテ盛りの深さが必要だったり広い場合は、形成用パテのみではなく下地パテも同時に使用しましょう。

完全硬化したら慣らしです。
周りの形状に合わせてパテを削り落としていきます。
ここで手を抜いてしまうと、最終的な仕上がりに差が生まれてしまいます。

1度で完璧とせず、2度3度と細かく擦り合わせを繰り返すことで周りとの違和感をなくすことができるのです。
土台となるパテ盛りが完了しましたら、今度は塗装···ではなくサフェーサーで塗装の下地を作ります。

部分塗装であれば、塗装箇所以外をしっかりとマスキングしてサフェーサーを入れていきます。
全体塗装の場合、塗装箇所全体にサフェーサーを入れますのでボディーから取り外してサフェーサーを入れます。
このサフェーサーも、1度で完了するより複数回塗り重ねることがポイントです。
吹き付けては番手の細かい耐水サンドペーパーにて滑らかにしていきます。

パテ盛からの塗装

ここまで来てやっと塗装段階に入ります。
間違っても、水性ラッカースプレーなどで塗ってはいけません。
必ず油性塗料を使用するようにしましょう。
プラモデルのような模型ではないので、自動車は屋外を走行します。
水性塗料では数日も経たないうちに流れてしまいますので注意しましょう。

塗装をする際は、部分全体を問わず1度に吹きつけなければいけません。
塗料が乾いてしまうと、重ね塗りした際に配色の違いが浮き彫りになってしまいます。
周囲との発色具合は明らかに変わってしまいますが、下手に色ボカシをしてしまうとくすんでしまう可能性が出てきますので、気になるようでしたら塗装はプロの手に委ねましょう。

パーツの交換修理は早くて簡単

そんな手間までかけて補修修理はしたくない。
そんな考えに行き着いた場合は交換修理がとても手早く簡単に作業完了することができます。

まずは中古パーツを使用する場合ですが、ハッキリ申し上げてオススメは致しません。
オークションや中古パーツを取り扱う店舗にて、目当てのパーツを見つけられたとしても、それをそのまま使用できるかはあなたの判断1つで変わります。
保存状況によって、パーツの変形や色褪せが発生していたり、実は取り付け困難だったなんてことも当たり前のようにあるのです。
DIYにて自動車を補修修理する場合は、中古パーツを頼りにするのはやめておきましょう。

交換修理をする場合、やはりオススメなのは新品パーツを使用することです。
必ず取り付けることができ、新品パーツであればもし不具合があっても保証がついていますので安心です。
新品パーツの取り寄せは自動車ディーラーでも頼めますが、自動車修理工場やパーツ取り扱い店に依頼する方がコストを抑えられます。

交換修理するパーツの脱着の際には、取り付けボルトやクリップを無くさないように注意しましょう。
もしなくしてしまったり破損させてしまうと、新たに同様のパーツを用意したり、代替えに使用することができるものを探さなければならなくなってしまいます。

補修は自分でできても、後の問題が…

補修修理自体は、過去までの内容が理解していただければ大きな問題もなく完了することができます。
しかし、修理したということは処理や処分しなければならないものも当然目の前に山積みとなることは必至です。

コンパウンドは洗い流してしまえば良いので問題はないでしょう。
しかし、パテ盛りで作り過ぎたパテは本来産業廃棄物です。
可燃ごみとして廃棄するのはあまり宜しくありません。
家庭ごみとして廃棄できるので、自治体の指示を仰ぎましょう。

問題は、交換修理をした際に残る元々ついていたパーツです。
家庭ごみとしては処理しきれません。
プラスティックパーツであれば、小さく割っていくことで処分することができます。
しかし、それが金属パーツでは状況が変わってきます。
金属買取の産廃業者に持ち込むにしても、パーツ数個ではまとまった金額になりません。
買取自体も拒否されたりするほどです。
DIYで出たゴミは、残念ながら廃棄料を支払って処分するか、自動車修理工場などに処分を依頼するしかありません。
間違っても不法投棄はしないように心掛けてください。

もしゴミの処分にまで気が回らないようでしたら、始めから自動車修理工場や自動車ディーラーに全てを任せるようにした方が悩まないで済むでしょう。

前へ

冬のフロントガラスの凍結はどう防ぐ?対処法は?

次へ

北海道なかしべつで雪上ドリフト体験!